075-322-1818

京都府京都市下京区西七条北月読町73

初診受付はこちら

在宅診療/施設往診

尿道カテーテルの留置、管理

尿道カテーテル留置・管理について

>尿道カテーテル留置・管理

前立腺肥大症や神経因性膀胱などの尿路疾患により、自力で尿を出すことができない状態(尿閉)の方に、尿道から膀胱までカテーテル(管)を挿入して尿を体外へ流出させ処置を尿道カテーテル留置といいます。
一時的にカテーテルを留置する場合と、長期的に留置することがあります。

当院では、尿道カテーテルの管理や交換を行っております。また尿道カテーテル留置中に起こる各種トラブル(閉塞、出血、事故抜去)への対応も行っています。尿道カテーテルによるトラブルが多い場合は、下腹部から膀胱に直接カテーテルを留置(膀胱瘻造設)することもあります。膀胱瘻造設術は近隣医療機関と連携し、施行しています。

当院ではいろいろな状況に対応できるよう、各種尿道カテーテルを取り揃えております。
(シリコンカテ、ラテックスカテ、腎盂カテ、チーマンカテ、3wayカテ、など)
医師、看護師からのカテーテルトラブルに関するご相談も受け付けていますので、カテーテル管理でお困りの患者さんがいましたら、ご連絡ください。

尿道カテーテルを使用する主な目的

  • 尿閉(膀胱内の尿が排出できない)の解除
  • 排尿の管理
  • 薬物の注入
  • 膀胱洗浄
  • 尿の性状確認(導尿)

など